1. HOME
  2. >  花・フラワーアレンジメントの基礎知識
  3. >  今月の花

Publicities

今月の花


月毎に旬なお花を選定した「今月の花」の紹介です。

04月の花・-

04月の花

今や説明不要。最も知名度のある花ではないでしょうか古くから人はこの花を愛してやまないずっとずっと私達を魅了しつづけ離さない今までも、そしてこれからも。

03月の花・-

03月の花

今にも飛び立ちそうな蝶のような花姿から花言葉は「門出」甘い香りとともに春の訪れを感じてください

02月の花・-

02月の花

すらりと伸びるシャープなラインが格好良いグラジオラス。

01月の花・-

01月の花

ガーベラの故郷は南アフリカ。太陽のように明るいイメージそのものですね。目の覚めるような明るい色と陽気なイメージで見る人を楽しませています。

12月の花・-

12月の花

街にイルミネーションが灯ると一気にクリスマスムード人々が慌ただしく行き交う街も心地よい季節とっておきのクリスマスフラワーでさらなる彩りを添えて。

11月の花・-

11月の花

ひらひら舞う蝶のように美しい花。眺めていると魅惑的な色彩の迷路に迷い込んでしまいそう。アルストロメリアの放つ世界観をお楽しみください。

10月の花・-

10月の花

小さな小さな花が無数に咲いたかわいい花。1980年ほどから根強い人気がありますが、近年、ファッションやウェディングシーン等で多く登場し、その存在が見直され人気が再燃しつつあります。ケイフローリストから発信する「ニュースタンダードデザイン」です。

09月の花・-

09月の花

炎のような花姿。鮮やかなアカとキイロ、揺らめく花の姿。グロリオサはアレンジメントの存在感を高め、躍動感を与えます。「栄光」という花言葉も贈り花には見逃せないポイントです。

08月の花・-

08月の花

エナメル質の光沢と造形的なフォルムが、他の花とは一線を画した個性を放つ。その花姿はハート型とも形容され、鑑賞する楽しみを存分に味わって頂けるアンスリウム。当然、暑さにも強いので夏の一押しはこれ!

07月の花・-

07月の花

今年も出ました輝く太陽!言わずと知れた夏の代表花「向日葵」何といっても元気溢れる色が最高の魅力です!輝くほどにビビットな黄色に、ちょっと拍子抜けしたような愛嬌ある花姿が、いつの時代も人を惹きつけます。

06月の花・-

06月の花

バラの種類は約10万種以上と言われ、最も種類の多い花と言われています。
それは私たちを魅了し続ける花だからこそ。
数々の品種改良、交配がされ、今日も新たな品種が生み出されています。
それぞれのバラの個性と表情をお楽しみください。

05月の花・-

05月の花

清楚なイメージの代表的な花「ユリ」
種類が豊富で色・形がかわると花の表情もさまざま。
かわいらしさ、力強さ、清楚。それぞれのアレンジメントのイメージはかわりますがユリの姿には凛とした強さを感じます。
ユリの優しい香りはこころを落ち着かせ、清々しい気持ちにさせてくれます。

04月の花・-

04月の花

「感謝」を象徴する花 カーネーション
溢れんばかりにギュギュッと重なったフリフリの花びらがとってもキュート
「ありがとう」を花に託して

03月の花・-

03月の花

春の訪れとともに街を彩る。
言わずと知れた日本の風物詩「さくら」
日本人の心を惹き付けて離さない。

02月の花・-

02月の花

「sweet pea=甘い豆または、香りある豆」の名
芳香豊かで、その花姿は今にも飛び立ちそうな蝶のよう
「門出」を花言葉に持ち、新たな出会いあるこれからの季節にピッタリの花

01月の花・-

01月の花

優美でしなやかさが魅力的な花「カラー」。
ウェディングブーケにも人気の高い花です。
ナチュラル、シンプル、スタイリッシュ、エレガント…
他の花や葉と組み合わせることで、いくつもの表情をみせてくれます。

11月の花・-

11月の花

特別な日「クリスマス」に贈るフラワーギフト。
クリスマスカラーの赤を基調にしたお洒落なラインアップが登場しました。
大人のクリスマスムードを盛り上げてくれる逸品です。
Merry Christmas!

10月の花・-

10月の花

日ごとに秋深まって来ました。
徐々に葉も色づいてきて紅葉のはじまりです。
この時期は果実や実物も鮮やかな色合いで深みがあります。
山では、葉の落ちた枝と色づく葉のグラデーション。
この鮮やかな色彩を美しいと感じ、慈しむ日本の心。
そんな紅葉をすぐ傍で感じていただけるアレンジメントです。

09月の花・-

09月の花

季節は新緑から深緑そして紅葉へと深い色に移りかわる。その深い色は温かみのある、しっとりとした雰囲気。秋色。和の気配を感じさせる言葉であり、自然とその色彩を思い浮かべてしまいます。

08月の花・-

08月の花

炎が輝き、燃え盛るように咲く独特な花姿が、唯一無二の存在感。
ユリの仲間。英語でGlory Lily(栄光のユリ)、
あるいはFlame Lily(炎のユリ)と呼ばれることもある。

07月の花・-

07月の花

太陽の動きにつれてその方向を追うように花が回ることから「ひまわり」と呼ばれるようになった。ひまわりの原産地は北アメリカ大陸西部と言われ、インディアンの食用作物として紀元前から食用として活用されてきた。

06月の花・-

06月の花

人工的とも感じられる花形や艶やかな光沢が特徴のアンスリウム。
ユニークな花は造形的にアレンジするとさらに際立ちます。質感を生かして高級感を表現しました。異彩を放つアンスリウムの世界をお楽しみください。

05月の花・-

05月の花

とても人気のある青い花「デルフィニューム」。 学名のDelphiniumは、ギリシア語でイルカを意味するDelphisから。つぼみの形がイルカに似ていることに由来します。和名はヒエンソウ(飛燕草)。 花の様子を、日本ではツバメに、西洋では「イルカ」に見立てた。爽快な青い花の美しさをお楽しみ下さい!

04月の花・-

04月の花

母の日に贈る定番の花、カーネーション。
一年に一度の特別な日に感謝の気持ちを込めて。

03月の花・-

03月の花

爽やかな白グリーンの花々からミックスカラー、野の花、プリザーブドフラワーまで、あらゆるキーワードで春を探してみました。
そんな春のお花を代表して、「ラナンキュラス」をご紹介します。

02月の花・-

02月の花

花の形が蝶の飛び立つ有様を想わせることから、花言葉は「門出」・「優しい思い出」・「青春」
新しい旅立ちに、大切な人へアレンジメントを・・・。

01月の花・-

01月の花

ゴールドラッシュで湧く南アフリカで発見されてからまだ100年。
美しいガーベラアレンジを輝かしい年の始まりに、お届けいたします。

12月の花・-

12月の花

2012 それぞれのデザイナーが提案するXmasだけの特別なオリジナルギフト。
さまざまな想いを感性豊かに多彩なデザインにて表現しました。
クリスマスイベント等それぞれのシーンへ。特別な想いや願いと共に・・・

11月の花・-

11月の花

まるで、たくさんの蝶が羽ばたいているように見えるオンシジウム。 その姿から「バタフライ・オーキッド」とも呼ばれます。 他にもドレスを広げて優雅に踊る女性のイメージから「ダンシング・バレリーナ」という別名もあります。 気品ある姿と控えめな香りで万人に愛されている蘭です。

10月の花・-

10月の花

ハロウィン(Haloween)はヨーロッパを起源とする民族行事で、カトリック諸聖人の日(万聖節)の前晩10月31日に行われる。諸聖人の日の旧称“All Hallows"のeve(前夜祭)であることからHallowseveが訛ってHallowenと呼ばれるようになった。個性豊かなお花を贈るにふさわしい。

09月の花・-

09月の花

そのフォルム個性が光る花 「鶏頭」。stylish・cute・wildと表情を変えてく「鶏頭」 。今回、それぞれのデザイナーがバラエティー溢れるデザインフラワーにて変化する表情をお魅せします。

08月の花・-

08月の花

枝といって何を思い浮べるだろう。 色々な枝が無数にある中、今回はデザイナーそれぞれが思い入れの深い「枝」にフォーカスを当ててデザインフラワーを製作しお届けしたい。

07月の花・-

07月の花

原産地は北アメリカ。 高さ2mくらいまで成長し、夏にはかなりの大きな黄色の花を咲かせる。 インディアンの間では女性がヒマワリの根を掘ったり料理したりする時は男性は近付いてはならないという戒律があります。

06月の花・-

06月の花

ギガンジウムは、6月の誕生花。
花言葉は「正しい主張」です。
アジアイと同系の薄紫の彩りは梅雨時に似合う鮮やかな初夏の色ですがエキセントリックな球体が様々な可能性を感じさせる。

05月の花・エターナル・カーネーション

05月の花

ローマにソニクスという美しい冠作りの名人がいました。ところが、ソニクスを妬む者が彼女を暗殺してしまいました。
彼女の死を知った太陽神アポロンは、生前彼女がその手で神の祭壇を美しく飾ったことを感謝して彼女の亡骸を虹色に輝くカーネーション(神の花冠)に変えて弔いました。

04月の花・バラ「ピンクインテリアアレンジ」

04月の花

薔薇は昔からいろいろな言い伝えがある花です。
ヨーロッパでは海から美と愛の女神アフロディーテが生まれたのに対して同じくらい美しいものとして大地からは薔薇が生まれたと言われています。
美と愛の花なのです。

03月の花・桜「ミルキーウェイ」

03月の花

日本人にとって日本をだ表する花といえば、誰もが「桜」と答えるでしょう。桜の花がぱと咲いて、ぱっと散る、情緒・風情が非常に美しい。日本人の信条に合うからでないでしょうか。

02月の花・春の花「スプリング・エッセイ」

02月の花

春の花を集めてまだ来ぬ春を思いアレンジしました。
春の代表とも言える「スイートピー」「ラナンキュラス」
そして「リューココリネ」という南米原産の魅力的な花もお楽しみ頂けます。

01月の花・蘭「和想」

01月の花

ラン科植物の花は、その多くが美しく、非常に独特の花を咲かせる。
ユリなどと同じように、6枚の花びら(外花被片3、内花被片3)があるが、全部が同じ形ではないので、左右対称になる。
特に、内花被片の一枚が変わった形になっている。


花ギフト通販・オンラインショップ
花ギフト通販・オンラインショップ

花ギフト、フラワーギフトならケイフローリストの全国配達無料の花ギフト通販サイトへ。

フラワーデザイナーが花ギフトやフラワーギフト通販のご要望にお応え致します。 心を込めてご提案するデザインフラワーをお楽しみ下さい。

ソーシャルメディア


お客様の声