1. HOME
  2. >  会社案内
  3. >  歴史・沿革

Publicities

会社案内


歴史・沿革

昭和38年 港区南青山1-10-4にケイフローリスト創業
昭和41年 有限会社ケイフローリスト設立登記 資本金100万円
昭和51年 ケイフローリスト創立10周年パーティー
昭和56年 株式会社ケイフローリストに組織変更 資本金500万円に増資
平成2年 資本金1000万円に増資
平成3年 ケイフローリスト創立25周年記念パーティー
平成5年 デザイン室 開店
平成8年 栗原浩之 代表取締役社長に就任
平成14年 資本金1,340万円に増資
平成16年 栗原 恒夫 逝去
ケイフローリスト創立38周年記念パーティー
平成17年 岡山店 開設
和歌山店、沼津店 開設
平成19年 本社をパークアクシス青山一丁目タワーに移転
小山店 開設
平成21年 オンラインショップ 開設
平成26年  Spatial design div 開設
平成27年  本社を赤坂へ移転
Spatial design Himeji 開設
平成29年  水戸店 開設
平成30年  宇都宮店 開設
FVS水戸店 開設
令和2年  ケイフローリスト創立 55周年
令和3年  資本金 888万円に減資
ケイフローリスト横浜 吸収合併
彩時間 開設

社史

社史イメージ1

創業者の栗原恒夫は東京都立園芸高等学校を卒業後、 日比谷花壇に入社、日本では、生け花が主流であったが、 その後、日本に「フラワーデザイン」という言葉と共に、アメリカから洋花をデザインする技術が入ってくる。
真っ先に、その最先端の技術を学び、ブライダルブーケやアレンジメントの技術を日本でいち早く習得する。


社史イメージ2

昭和38年に独立、園芸高校時代からバラに造形が深く、バラを愛した栗原恒夫は、日本でも一流の洋花を取り扱う青山生花市場で買参権を得、いつの日か、同業者からは「Kローズ」と呼ばれるようになる。
独立後は、小売の難しい立地に店舗を構えたため、積極的に顧客を開拓、その後、取り扱う花の品質の高さや、デザイン力を見込まれ、日本閣観光株式会社とのお取引が始まる。


青山生花市場では、買参人で作る睦会の「青友会」にて、JFTD創始者であり、初代青友会、会長、鈴木雅晴氏より2代目会長を指名される。それ以来、青山市場の中心人物として、多くの生産者からも親しまれていた。

「バラは頭を買え」、生花市場のセリで、一番に競られる花を「頭」といい、一番高値で取引され、それをセリ落とし店頭に並べるのが、栗原恒夫の誇りであり、自慢であった。

一級品を扱い、一流のお客様を相手に商売をするという事を常に念頭に置き、顧客の開発を行った。

ケイフローリストが現在もフロンティア精神を忘れず、最高の品質を目指すのは、そのような創業者の深い思い入れがあるからである。

花ギフト通販・オンラインショップ
花ギフト通販・オンラインショップ

花ギフト、フラワーギフトならケイフローリストの全国配達無料の花ギフト通販サイトへ。

フラワーデザイナーが花ギフトやフラワーギフト通販のご要望にお応え致します。 心を込めてご提案するデザインフラワーをお楽しみ下さい。

ソーシャルメディア


お客様の声